ドラッグ

免疫力を高める方法|サプリや食品で健康体を作ろう

免疫細胞を活性化

観葉植物

体を冷やさないこと

体を冷やすことは免疫力を低下させ血流も悪化します。そうなると冷え性となり、足の冷えから寝付きも悪くなります。そして基礎代謝が低下し風邪をひきやすくなり、体調も悪くなる日が続きます。そして脂肪燃焼効果も低下するため太りやすい体質になってしまいます。免疫力が低下すると体に良い影響を与えられなくなります。だから体を温めることは大事です。体が温まると血流改善させ免疫力を高めることで体内の細胞が活発になり、ウイルスなど悪いものが体内に侵入するのを防いだり退治するようになります。体が冷えると細胞の働きは弱くなり、悪いものが侵入しても対応できなくなってしまいます。そのため体を温める食材を摂取したり、体を冷やさないような対策を生活の中で行なうことが必要です。

効果のある方法と食材

免疫力が高まることは体内の細胞が活発化されることです。免疫細胞というものが体を病気から守るようになり、ウイルスや悪い菌などが体内に入ると免疫細胞がそれらに向かって体が病気になることを抑える力を発揮します。そのために免疫力を高める方法を普段の生活の中で行なうことが必要で、それに効果がある方法では軽い運動を習慣的に行なっていくことや免疫力を高める食材を摂取することで効果を引き出します。免疫力を高める運動ではウォーキングやジョギングなどのような有酸素運動も良いですし、ヨガや柔軟体操などのようなストレッチを行なうことでも効果があります。そして免疫力を高める食材ではバナナ、ヨーグルト、ニンニク、ショウガ、鶏肉、納豆などいろいろとあります。